top of page

変形性股関節症


「変形性股関節症」とは⁡

…と、その前に「股関節」とは⁡ ⁡股関節は⁡ 「大腿骨」太ももの先端の骨頭(ボール)が⁡ 「骨盤」の寛骨臼(お椀)に⁡ はまり込むような形になっています⁡。 ⁡この骨頭(ボール)と寛骨臼(お椀)の間には⁡ 柔らかく弾力のある軟骨というクッションがあります⁡。 ⁡変形性股関節症とは⁡ そのクッションの役割を果たしている軟骨がすり減ることにより⁡ 擦れて炎症が起きたり⁡ 悪化すれば骨の形状が変形して⁡ 痛みや機能障害を引き起こしたりする疾患です⁡。 ⁡「あー老化ね〜」と諦めないでください!⁡ 適切に動くことで防げます!⁡

その前に⁡ なぜ軟骨がすり減ってしまうのか?を見てみましょう⁡ ⁡これは大きく2つに分類されます⁡ ①先天的なもの⁡ ②後天的なもの⁡ ⁡①先天的要因⁡ 生まれつき骨の形状に問題がある⁡

代表的なのは⁡ ▷寛骨臼形成不全⁡ 寛骨臼という屋根の役割をする部分が狭いことで⁡ 股関節への負担が増加⁡ それに気づかず生活していると⁡ ある時痛みとなって現れる⁡ ⁡②後天的要因⁡ 股関節の動きに問題がある⁡ ⁡代表的なのは⁡ ▷身体の歪み⁡ ▷インナーマッスル弱化⁡ ▷体重増加⁡ ▷重力に負ける⁡ これらからくる関節のズレ⁡ これが積み重なりある時痛みとなって現れる⁡ ⁡①の先天的な骨の形状を変化させることは⁡ 運動ではできませんが⁡ ⁡▷股関節に負担のかからない動きを獲得する⁡ ⁡ここは運動で十分対応できます⁡ そしてこれは同時に⁡ ②の後天的な要因である股関節のズレを予防するのにも繋がります⁡ ⁡『ヨガ』と聞くと凄まじく股関節を前後左右!⁡ 時にはあり得ない方向へ広げる!⁡ そんなイメージですが(笑)⁡ ⁡適切に動けば⁡ ▷関節を安定させ⁡ ▷インナーマッスルを活性化し⁡ ▷重力に負けない身体づくり⁡ に多いに役立つんですよ〜⁡ 『骨格から整えるヨガ』ではレッスンの前半で⁡ 関節を安定させるエクササイズをしっかりと行っていきます⁡ そこをベースとし⁡ ▷重力に対し更に心地よく動ける身体⁡ ▷人生に対し主体的に取り組める心づくり⁡ を目指します⁡

ヨガで快適ライフを♡⁡ Yuki

閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page