top of page
  • 執筆者の写真current

ゴルフとケガについて


だいぶ暖かくなってきてゴルフ日和になってきましたね。

自分は花粉症が酷く、外でのゴルフは地獄ですが…( ;∀;)


4月に入ってくると、ゴルフ競技もシーズンになってきます。


とりあえず、カレントゴルフの面々で5/8にスクランブルゴルフに初挑戦してみます(^^)/

報告は随時アップデートしていきます。


さて

ゴルフとケガについてですが

ゴルフは激しいコンタクトもなく、ケガといえば慢性的なオーバーユース(使いすぎ)に

よるケガが多いですね。


腰や肩、肘、手首や手指あたりが多いですかね。

特に初心者でスイングの力みが半端ない方は、腕周りに障害がでやすいです。

ケガが起きずらい要因は沢山あると思いますが、まず1つにアライメント(配列、ここでは骨の配列という意味です)不良があります。


関節の可動域やポジションは個人差が大きいです、それは先天的なものもあれば後天的(生活環境などによる)なものもあり、個人差が大きいです。

にも関わらず、負担のかかる動きを、スイングをやろうとするとケガに繋がります。


その個人個人の差を考えてスイング作りをしていきたいですね。

ゴルフのスイングづくりをやったことがある方は理解できると思いますが、これをすれば直ぐにできるトレーニングはありません。

地道に身体もつくりあげることで、結果がでてきます。

まずは動ける身体づくりが大事です、それは単純に筋肉をつけることだけではありません。


カレントスタジオはピラティス専門のスタジオです。

パーソナルセッションもピラティス資格保持者がマンツーマンで指導いたします。

興味がある方はご連絡ください。


current studio

YOOHEY


閲覧数:34回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page